横浜市内には、会社の異動などにより、毎年多くの転勤者が訪れます。単身赴任生活をされることもあり、単身にて横浜市内へ引っ越される方も多いのではないでしょうか。そんな単身引越しをされる方のための引越し業者の選び方や注意点を紹介させて頂きます。

リンク集1

夏休み期間中にお得に引越し!料金はどこまで安くできる?

暑い時期の引越し準備は、体力との戦い!ですが、夏休み中に引越しをすませることで、新学期からの生活はゆとりをもって始められるので、幼稚園児や小学生・中学生などのお子様がいる場合には、丁度良い時期です。転勤により、9月や10月の移動にあわせる場合や、新築の一戸建てやマンションを購入して、それらの入居時期に合わせて引越しの日時を決めることもあるでしょう。あまりギリギリの日にちではなく、ゆとりをもったスケジュールを組むことをおすすめします。


引っ越し代の相場が知りたい!東京版

どこのエリアに引越しするにしても、引越代の相場は必ず確認しておかなければなりません。特に東京近郊は物価も比較的高めですし、相場を知ることは欠かせません。また、春や秋の引越し繁忙期に転居を予定している場合には、できるだけ平日の方が予約が取りやすい傾向にあることも覚えておきましょう。土日は料金も高めですし、午前中の予約がいっぱいで午後のみしか対応できません、というケースもたまにあります。可能であれば、平日に有給を2~3日とれると、引越し作業そのものも、荷解きや家具の配置など、様々な作業をやりきることができます。


クロネコヤマトの単身パック【荷物量に合わせて選べる2タイプ!】

単身パックは一人暮らしの引越しを経験した人であれば、一度位はお世話になったことがあるのではないでしょうか?特にクロネコヤマトの単身プランは荷物が少ない人にも使いやすい料金設定です。どこの業者を使うにしても、転居前に荷物はできるだけ少なくしておくことが鉄則。要らない本は売ったり、知人に差し上げましょう。また、しばらく着ていない洋服や使っていないブランドバックなどもあれば、この機会に処分を検討してみてもいいかもしれません。所持しているだけでもスペースは消費してしまいます。少しでもお部屋を広く、気持ちよく過ごすためにも、使っていないものは手放す勇気も必要です。