横浜市内には、会社の異動などにより、毎年多くの転勤者が訪れます。単身赴任生活をされることもあり、単身にて横浜市内へ引っ越される方も多いのではないでしょうか。そんな単身引越しをされる方のための引越し業者の選び方や注意点を紹介させて頂きます。

単身引越しタイプ別、業者選びの注意点は?

1■一人暮らしから一人暮らしへ、転居をする際の注意点

もともと、一人暮らしをしていた方であれば、ある程度の家具が揃った状態であり、割と荷物も多くなることが予想できます。業者さんの中には、単身でのお引越しに対応する単身パックを用意している業者さんもあるので、冷蔵庫や洗濯機やテレビといった、大型の家電まで運んでくれる、安価の業者さんを見つけるようにしましょう。

2■実家または家族暮らしから単身生活へ、転居する際の注意点

実家や自分の家族と一緒に住んでいた家から離れて単身赴任する際は、大型家具は、引越しに持って行かないのが安く済ませるポイントです。中には、そういった大型家電を運ぶ料金よりも、横浜市内など、引越し先の近辺で揃える方が、安価になる場合もあります。上記で説明した単身パックの中でも、比較的少量の荷物に対応したプランを選択するのが良いと思います。

このように、単身引越し時の状況により、ひとりひとり最適な業者さんは変わってくるものです。同じ条件でも、値段が倍違うこともあるので、引越し業者さんを選ぶ時は、いくつかの業者さんを比較しながら慎重に選んでいきたいところです。

横浜市の引っ越し価格は高い!?予算に合わせて選びましょう

横浜市に住んでいて、引っ越しを考えている人は、引っ越しの業者もたくさんありますので、選択肢が多い状態です。業者ごとによって、価格が違うので、いくつか見積もりをとってから決めるといいでしょう。


単身での引っ越しの場合でも、人によっては荷物も多くなりがちなので、割れ物や、大事なものは、あらかじめご自身で梱包することが大切です。引越し先で荷物を開けるときに、中に入っているものがすぐにわかるように、ペンで書いておくもの大切です。


引っ越しの業者に依頼すると、見積価格を教えてくれて、プランによっては梱包もプロのスタッフが丁寧に行ってくれるので、搬出、搬入もお任せできるので安心です。


急な引っ越しの場合には、転入届けや転出届、公共料金や事務手続きなどに追われて、時間に余裕がないときは、梱包作業まで手が回らなかったりすることもあります。その場合でも、引っ越し業者の人に依頼すれば、時間も短時間で行ってくれ、引っ越しの日程まで予定や希望を聞いてくれて行ってくれるので、便利です。


込み合う3月末や、春先のシーズンは、予定通りに日程がいかないこともあるので、あらかじめ業者の人に相談して、日程調整は早めに行っておくといいでしょう。


横浜にも単身引越し対応の業者がたくさんあるので、価格やご自身のニーズに合ったところを選ぶことが大切です。